性交痛の原因と対策!セックス時に痛みが出る人はローションを使おう

性交痛の原因と対策!セックス時に痛みが出る人はローションを使おう

 

性交痛の原因と対策!セックス時に痛みが出る人はローションを使う事で痛みを緩和させる事ができます。性交痛は、摩擦によるものが多いのですが、必ず「なぜ摩擦が起こっているのか?」その原因を突き止める事が大切です。

性交痛の原因

性交痛の原因と対策!セックス時に痛みが出る人はローションを使おう

 

ここでは、セックス時に痛みが出る「性交痛の原因」を解説していきましょう。

 

そもそも性交痛とは「摩擦」によるものが多く、なぜ摩擦が起こるのかを突きとめ、対応を考える必要があります。

 

@愛液不足

性交痛の原因で一番多いのが愛液不足。

 

愛液は、女性が性的興奮を感じると分泌されますが、なんらかの原因で愛液の分泌量が減っている可能性があります。

 

A緊張

上記「潤い不足」の原因の1つが緊張です。

 

セックスに慣れていなかったり、以前のセックスで痛みが出た場合「また痛い思いをするかも?」と緊張してしまい、結果的に潤い不足になっている可能性があるのです。

 

B前戯不足

性交痛の原因には男性に問題がある場合も存在します。その主な原因とは前戯不足。

 

そもそもセックスには前戯という行為がありますが、これは上記で説明した愛液を分泌させる役目を担っています。

 

その為、愛液が充分に分泌されていないのにも関わらず挿入したりされたら痛いのは当たり前。

 

もし痛みの原因が男性にあると感じた場合、一度相談してみることをオススメします。

 

Cコンドーム

コンドームには、スムーズな挿入を助ける為、適量のローションが付着しています。

 

しかし、量が少ないので長時間のセックスでは効果がなくなったり、乾いてしまう事があります。

 

ローションがなくなると、摩擦係数が上がり、性交痛に直結する事がありますので、少しでも痛みを感じたらローションを追加しましょう。

 

D乱暴なセックス

例えば膣内に指を入れて掻き回されたり、乱暴なセックスをされたら痛いのは当たり前。

 

これは男性の理解不足もありますが、AVなどを観てプレイの参考にしている場合もありますので話し合いが必要になるでしょう。

 

性交痛対策のローション

性交痛の原因と対策!セックス時に痛みが出る人はローションを使おう

 

ローションは、大人のおもちゃの潤滑液としても利用する事が出来ますが、性交痛を緩和させるのにも重宝する存在。

 

セックス前に膣内に入れておく事で、愛液の潤い不足を解消してくれます。

 

ローションの選び方

性交痛の原因と対策!セックス時に痛みが出る人はローションを使おう

 

ローションには大きく分けて3種類の使い方があります。

 

@男性のペニスに塗る

ローションの使い方で最も一般的なのは男性のペニスに塗る方法。

 

これはコンドームの上からでも行えますので挿入時に痛みを感じる人はペニスにローションを塗って貰いましょう。

 

A膣周りに塗る

膣周りに塗る、挿入以外のプレイでは膣周りにローションを塗っておくのがオススメ。

 

大人のおもちゃを使ったプレイや、手マンなどでは高い効果が得られます。

 

B直接膣内に挿入する

上記の塗る方法では、手やシーツなどが汚れてしまう場合があります。

 

それが嫌な人は挿入型のローションがありますで直接膣内にローションを挿入すると良いでしょう。

 

大人のおもちゃの種類

バイブレーター ローター 電マ
ディルド アナル クリトリス吸引
緊縛・ボンテージ 拘束具 コスプレ衣装
媚薬 コンドーム ローション

大人のおもちゃ購入なら「NLS」がオススメ

<% pageTitle %>

大人のおもちゃを通販購入するなら「NLS」がオススメです。NLSは国内最大の大人のおもちゃ専門通販で運営歴19年の信頼性を誇っています。

絶対中身の分からない二重包装

性交痛の原因と対策!セックス時に痛みが出る人はローションを使おう

アマゾンや楽天で購入した場合、一番怖いのがコレ。段ボールはいつどこで破損するか分かりません。もし仮に段ボールが破損しても大丈夫な様に二重包装をしてくれます。

購入した商品の偽装も完璧

性交痛の原因と対策!セックス時に痛みが出る人はローションを使おう

配送伝票に「品名:バイブレーター」なんて書かれていたら最悪です。しかしNLSではそんな心配は無用。「PCパーツ」「家電製品」などの品名で配送してくれます。

コンビニ受取り・郵便局留めが利用可能

性交痛の原因と対策!セックス時に痛みが出る人はローションを使おう

購入した商品が自宅に届いたらマズイ場合には、コンビニ受け取り・郵便局留めを利用する事が可能です。